寧夏のワイン作り、5年後に1兆7120億円の産業規模に

2021-06-09 18:00  CRI

图片默认标题_fororder_葡萄园1

寧夏賀蘭山東麓の葡萄畑

 寧夏ホイ族自治区賀蘭山東麓のワイン生産エリアは中国最大のシャトーワイン生産地帯です。現在、ワイン生産用のブドウの栽培面積は3万3333ヘクタールに達し、全国の1/4を占めています。ワイン製造のシャトーは211軒あり、年間で1億3千万本のワインが生産されています。これまでに50数軒のシャトーのワインが「デキャンター・ワールド・ワイン・アワード」などの著名な国際ワインコンクールで1千もの金賞を受賞しています。

图片默认标题_fororder_喝红酒

寧夏産ワインを称賛する在中国フランス大使(右端)

 5月27日、寧夏国家ブドウ及びワイン産業開放発展総合試験区(略称は総試区)が国務院の認可を得て設立されました。計画面積は502平方キロメートルで、寧夏ホイ族自治区の首府である銀川市や呉忠市などの6つの県にまたがり、ブドウの優良品種の苗木や栽培技術の導入、財産権による融資、人材育成などが試みられるほか、国際標準とのマッチング、黄河灘生態保護、その他の産業との融合などで革新が行われます。

图片默认标题_fororder_大金奖

金賞に輝いた寧夏産ワイン

 8日、寧夏ホイ族自治区、農業農村部、工業情報化部が合同で北京で記者会見を開き、総試区の設立状況と建設の全体計画を紹介しました。総試区はさしあたり全国で初の特色ある産業(ワイン)を対象とした開放発展総合試験区です。寧夏は国から与えられた優遇政策を利用して、全国の高品質ワイン醸造用ブドウの栽培と育種の拠点、中高級シャトーワイン生産拠点を立ち上げ、世界的に名が知られる寧夏ワインのブランドを樹立し、世界レベルのワイン品評会を誘致・開催し、5年をかけて、累計総合生産額1兆7120億円に達するブドウ及びワイン産業パークを作り上げるとのことです。(取材:任春生)

图片默认标题_fororder_地下酒窖.JPG

 

コメント()

ラジオ番組
6月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
任春生