中国、太陽光発電で砂漠での循環型産業の創出目指す

2021-06-10 14:58  CRI

 中国では整備工事を済ませた砂漠で太陽光パネルを設置して、循環型産業システムの創出に向けた取り組みが行われています。

 内蒙古自治区の北西部に横たわるクブチ砂漠は、年間の日照時間が3100時間に上ります。この豊富な太陽光資源を砂漠対策の一環に生かすため、オルドス市杭錦旗では、土壌修復工事を終えた砂漠でソーラーパネルを設置し、その下で甘草やジャガイモ、カボチャなどを栽培し、敷地内で羊・ヤギなどを飼育することで、発電と砂漠の利活用、地元の低所得世帯や住民に働く場の提供、土地の付加価値の向上などを兼ねた循環型産業構造の創出に取り組んでいます。 

中国、太陽光発電で砂漠での循環型産業の創出目指す_fororder_N6-2.JPG
クブチ砂漠に広がる太陽光発電所(オルドス市杭錦旗、5月26日撮影)

 この取り組みは民間会社の「億利(Elion)」社などの主導で、2010年頃から始めたもので、クブチ砂漠ではこの年末までに広さ約67平方キロメートル、設備容量が1000メガワットに上る発電基地がすべて完工となります。

中国、太陽光発電で砂漠での循環型産業の創出目指す_fororder_N6-3.JPG
太陽光発電所内で放し飼いのヤギ(作物の発芽など特定期間のみ囲い込み飼育)
(オルドス市杭錦旗、5月26日撮影)

中国、太陽光発電で砂漠での循環型産業の創出目指す_fororder_N6.JPG
パネルの下はカボチャの種が蒔かれたばかり
(オルドス市杭錦旗、5月26日撮影)

 発電所筋によりますと、これまで約5年にわたる実践で、プロジェクトの経済効果、生態効果と社会効果がいずれも確認され、今後はすぐ近くで現在の10倍の規模に相当する10ギガワットの新規プロジェクトの整備が始まるということです。(取材・記事:王小燕)

コメント()

ラジオ番組
6月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕