国家文物局 長城考古学の最新成果発表

2021-06-10 14:47  CRI

 国家文物局がこのほど、2021年度第2四半期の考古学の重要な成果を発表しました。3項目あるその発表はそのいずれも万里の長城に関する動きです。

 この3項目の成果の中、内蒙古自治区フフホト市郊外にある沙梁子古城は、総面積約11万平方メートル、漢の時代では長城に最も近い町でした。2019年から2020年まで、考古学チームは古城の遺跡から数多くの粟やキビの籾を出土し、駐屯していた守備軍に食糧や兵器の補給をしていた施設があることが判明されました。長城沿いで穀物を貯蔵する倉が判明されたのは、今回が初めてのこととなります。

国家文物局 長城考古学の最新成果発表_fororder_N5-长城.JPG
北京懐柔区の箭扣(せんこう)長城

 次に、北京市懐柔区に位置する箭扣(せんこう)長城では、2018年以降、北京大学と北京市文物研究所の提携により、現代的な情報技術を生かし、文化財を「見える」形で修復することで成果を上げました。

 さらに陝西省靖辺県に位置し、約10キロに及ぶ明代の長城は保存状態が良好で、長城の研究に重要な史料を提供しています。

 なお、第44回世界遺産大会がこの7月に、中国の福州で開かれる予定で、中国が長城の保護で挙げた成果も会場で展示されるということです。(Yan)

コメント()

ラジオ番組
6月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕