外交部 米「武漢実験室漏洩説」に反論

2021-06-10 18:57  CRI

 中国科学院武漢ウイルス研究所の専門家がこのほど、「武漢実験室のコロナウイルス漏洩説」は全くの嘘であり、一部のメディアが報じた「ウイルス研究所の3人のスタッフがウイルスに感染した」というニュースはフェークニュースであると明らかにしました。これに対して、外交部の汪文斌報道官は10日の定例記者会見で、「米国の一部の政治家やメディアが『ウイルスは武漢ウイルス研究所から漏洩した』と大げさに宣伝しているが、これは20年ほど前に、米国がイラク戦争を引き起こすために、国際社会で『イラクは大規模な殺傷兵器を持っている』と宣伝したことを連想させる。その手法はあまりにも似ているからだ」と述べました。

 汪報道官はさらに「米国の本当の目的がウィルスの起源解明にあるならば、なぜ科学者ではなく情報機関に頼るのだろうか。また、ウイルスの起源を探るためなら、なぜ90日以内に結論を出すようにしたのだろうか。米国が透明性を本当に重視するならば、米軍基地『フォート・ デトリック』に世界保健機関(WHO)の専門家をいつ招くのだろうか?」と反論しました。また、「コロナウイルス発生源の追跡を政治化するのは米国の私利のためであり、国際公益や各国人民の生命と健康を損ねてしまい、国際社会の警戒と反対を受けるべきだ」と指摘しました。(閣、CK)

コメント()

ラジオ番組
6月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王秀阁