中国の宇宙飛行士3人の生活物資が宇宙ステーションに先行到着

2021-06-10 17:10  CRI

 中国有人宇宙事業弁公室によりますと、有人宇宙船「神舟12号」はすでに「長征2号F遥12」に取り付けられ、中国酒泉衛星発射センターの打ち上げエリアに運ばれました。現在のところ打ち上げエリアの施設や設備の状態は良好で、今後は計画に従って発射前の各種機能検査や共同テストなどが行われます。

 有人宇宙船「神舟12号」は宇宙飛行士3人を宇宙ステーション「天和」のコアカプセルに送り込み、3カ月間軌道上に滞在する予定です。これに先立つ5月29日、宇宙飛行士3人のための先行貨物輸送ミッションを担う貨物宇宙船「天舟2号」が、長征7号遥3ロケットによって中国文昌航天発射場から打ち上げられました。

   貨物宇宙船「天舟2号」と「天和号」のコアモジュールとのドッキングは、中国宇宙のステーションの貨物輸送システムの初の応用飛行となりました。「天舟2号」が宇宙に輸送した貨物には160点余のパッケージがあり、宇宙飛行士が船外活動を行うための船外宇宙服2セットと、宇宙飛行士3人が宇宙で3カ月間生活するための食料などの生活物資もその一部でした。天舟2号の打ち上げとドッキングの成功により、中国の宇宙ステーションが3人の宇宙飛行士を迎えるための堅実な物質的基礎が確立されました。

 4月29日、「天和」を搭載した運搬ロケットが文昌宇宙発射場から打ち上げられ、中国の有人宇宙事業は第3段階に入りました。1992年9月21日、政府の審議・承認を得て実施された有人宇宙事業は三つの段階からなっています。第1段階では有人宇宙船を打ち上げ、宇宙と地球間の有人飛行技術をクリアすること、第2段階では有人宇宙船と宇宙飛行機器のドッキングや宇宙走行など肝心な技術での突破と共に、短期間運行する宇宙実験室を打ち上げることを目指しました。第3段階では、長期的に宇宙軌道を運行する宇宙ステーションの建設が計画されています。2003年10月15日、中国初の有人宇宙船「神舟5号」の打ち上げに成功しました。(雲、朱、鈴木)

コメント()

ラジオ番組
6月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
赵芸莎