貴州・モスクワ間を15日で結ぶ貨物列車が開通

2021-11-19 12:53  CRI

 50個のコンテナを満載した中欧班列(中国と欧州を結ぶ定期列車)が18日午前10時30分ごろ、中国南西部の貴州省貴陽市の都拉営駅から発車しました。15日後にモスクワに到着する予定です。

貴州・モスクワ間を15日で結ぶ貨物列車が開通

 これが貴州発「中欧班列」の第一便となります。今後、貴州を起点とする中欧班列の運行が正式に始まることを意味します。貴州が積極的に「一帯一路」イニシアチブに参加し、中国西部地域が東南アジア諸国との協力による陸海複合貿易ルート「西部陸海新ルート」の建設に加わり、貴州の物産を速やかに省外へ搬送されるのに役立つものと期待されています。

 関係筋によりますと、貴州発「中欧班列」第一便の貨物は主に貴州省遵義市正安市で作られたギター、電子部品、非鉄金属、セラミック製品などです。18日に貴陽市都拉営駅を発車した後、内蒙古自治区の国境の町・満州里を出て、12月3日にモスクワに到着し、所要期間は約15日間が予定されています。船便の53日間よりは約38日間短縮され、輸送効率が大幅に向上されます。なお、貴州省とポーランドのマワシェビチェ、ドイツのデュースブルクを結ぶ中欧班列の運行も近く始まる予定ということです。

 伝えられるところによりますと、中欧班列はここ数年、大量輸送、低コスト、時間短縮、エコロジー、接触による感染リスクが低い検疫方式などの優位性から注目を集めています。とりわけ、長引くパンデミックの影響で海上輸送費が大幅に上昇したことから、商品の輸送に中欧班列を選ぶ貿易商が増え続けています。(Mou、浅野、Yan)

コメント()

ラジオ番組
11月29日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
孟群