食文化創造都市・淮安にイノベーション人材の波を

2021-11-23 17:21  CRI

 江蘇省淮安市で11月19日、「2021年中国・淮安イノベーション起業大会」が開催されました。

 今月8日にユネスコ食文化創造都市に選ばれたばかりの淮安は、物流の要衝であり、イノベーション人材が集まる場所でもあります。

食文化創造都市・淮安にイノベーション人材の波を

 この大会は、市の総力を挙げてイノベーションの波を引き入れ、市の経済・社会の質の高い発展を後押ししようとするものです。特に、自然食品、新世代IT、新型設備製造の三大主要産業を主な対象に、科学技術イノベーションの導入を目指して開かれました。

 淮安市には、メーカースペース、ビジネスインキュベーター、アクセラレーターなど起業の各プロセスに関わる機能を統合した「パートナー・クラウドスペース」や、ハイブリッド体細胞核移植技術を利用してクローン豚を育成した「南京農業大学淮安研究院」、エコ農業・健康・情報技術・新材料・知能ロボットの5つのイノベーションセンターを持つ「上海交通大学蘇北研究院」、研究開発・生産・販売を一体化した自動車部品製造のハイテク企業、クラマトグラフィー製品をコアとする国家中店ハイテク企業などがあります。これらの企業・機関の存在が、淮安の発展計画を力強く支えています。

 大会はコンテストとサミットからなり、コンテストで入賞した上位3団体が淮安市での起業を望む(かつ「淮安市333産業人材募集行動案(試行)」の条件に合致する)場合、それぞれ1位の団体は300万元、2位は200万元、3位は150万元の助成金を得られるほか、人材用マンションの提供、最大100万元の住宅購入助成金、子供の学校教育などに関する待遇を受けることができます。

 淮安市はこうしたメリットを実際に提示しながら、今回の大会のような措置を実施し、イノベーションの導入を進めています。このチャンスを起業家たちが掴み、自己実現を果たしながら淮安の構築・創造・発展に携わっていくことが期待されています。

コメント()

ラジオ番組
11月29日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
佟同