「初心を保ち、使命を胸に刻む」ーー共産党創立100周年記念特別番組_fororder_da
more

 人物編

  • 早稲田大学に留学した中国共産党の創設者――李大釗_fororder_001

    早稲田大学に留学した中国共産党の創設者ーー李大釗

    李大釗は中国共産党の創設を主導した思想家で北京大学の図書館長や教授も務めました。1913年、早稲田大学に入学。日本の社会民衆党の創始者・安部磯雄の影響を受け、マルクス主義に接しました。1918年『毎週評論』を創刊し、「庶民の勝利」などの文章を発表してマルクス主義、ロシア革命を紹介して大きな影響を与えました。北京を拠点とした李大釗は、上海の陳独秀らと共産党設立の準備を進め、コミンテルンとの連携により、1921年に中国共産党を創設しました。

  • 日本に留学した中国共産党の初代総書記――陳独秀

    日本に留学した中国共産党の初代総書記ーー陳独秀

    陳独秀は中国共産党成立の過程において、「南陳北李」、つまり陳独秀と李大釗の貢献が人々に広く知れ渡ることになりました。東京高等師範学校速成科を卒業した後、1915年に帰国し、上海で『新青年』を創刊します。「民主」や「科学」といった西洋文明の原理を全面的に取り入れるべきだと主張し、五・四運動期の急進的民主派にもなりました。1920年に上海で共産主義グループを組織し、1921年7月に中国共産党が成立すると、党の総書記に選出されました。

  • 中国共産党の創立を初めて明確に提案した理論家―蔡和森

    中国共産党の創立を初めて明確に提案した理論家ーー蔡和森

    中国共産党初期の理論家。1919年にフランスへ留学、周恩来らと共産主義運動を始めます。パリでマルクス・レーニン主義を猛勉強するだけではなく、ロシア革命や共産主義に関する書籍を数多く翻訳しました。初めて明確に中国共産党の創立を提案した上で、党の結成に関する理論と原則についても初めて系統的に述べました。1921年に帰国すると、中国共産党最初の政治機関紙《嚮導》の責任者として活躍しました。

more

 会議編

  • 13名の党員が参加した中国共産党第一次全国代表大会

    13名の党員が参加した中国共産党第一次全国代表大会

    中国共産党第一次全国代表大会は、1921年7月23日から7月31日の日程で開催されました。7つの地域共産党の早期組織から来た13人の代表と2人の共産国際代表が上海に集まり、中国共産党第一次全国代表大会を開催し、中国共産党の正式な成立を宣言しました。

  • 党の最低・最高網領を制定した中国共産党第二次全国代表大会

    党の最低・最高網領を制定した中国共産党第二次全国代表大会

    中国共産党の第2次全国代表大会は1922年7月16日から23日まで上海で開かれました。会議では中国近代史上初となる帝国主義反対・封建主義反対の民主主義革命網領が明確に打ち出され、中国革命のための方向を指し示しました。

  • 土地改革と武装蜂起の方針を決定した「八七会議」

    土地改革と武装蜂起の方針を決定した「八七会議」

    1927年8月7日、中国共産党中央は湖北省漢口で秘密裏に緊急会議を招集しました。これが有名な「八七会議」です。この会議で土地改革と武装蜂起の方針が決定されました。大革命失敗後、中国共産党は正しい革命の道を探し出しました。その道とは、都市から農村に立脚点を移すというものでした。

more

 「七一勲章」受勲者編

  • 最高の労働者になりたい――中国溶接業界の先導者ーー艾愛国_fororder_艾爱国-2

    最高の労働者になりたい――中国溶接業界の先導者ーー艾愛国

    湖南省攸県出身の艾愛国さんは、傑出した職人精神の代表者とも言える人です。あらゆることにベストを尽くし、労働者としても、最高の労働者になりたいという信念を貫いてきました。溶接業界で50年間にわたって従事し続け、優れた溶接理論と技術を身に着けました。艾さんは数多くの国家レベルの重要な溶接プロジェクトの技術難関攻略戦に参加し、溶接に関する数百以上の難関を乗り越えてきました。中国溶接業界のリーダーとして、技術の普及に力を入れ、これまでに全国に600人以上の技術人材を養成しました。

  • 国境線を半世紀守り抜いた哨兵ーー魏徳友夫妻

    国境線を半世紀守り抜いた哨兵ーー魏徳友夫妻

    山東省沂水県出身の魏徳友さんは、妻とともに新疆ウイグル自治区にある国境線の無人区を守り、国境線で根を下ろし、国のために50年間ずっと見張り所の兵としての職責を果たしてきました。二人が勤務した期間中、渉外事件が一つも発生することはなく、「交替のない夫妻による見張り所」と呼ばれました。50年間で魏さんの巡回総距離は20万キロを超え、生きた「境界標識」とも称されています。

  • 山林の自然を愛し、党と人民に奉仕し続ける共産党員代表ーー周永開_fororder_周永开

    山林の自然を愛し、党と人民に奉仕し続ける共産党員代表ーー周永開

    周永開さんは四川省達州市紀律検査委員会の元書記で、四川省の巴中出身です。1945年8月に中国共産党に加入しました。新中国成立以前、彼は命の危険を顧みずに四川省北部地区での革命活動を展開し、新中国成立後には現地の人々に奉仕するため、自身の力を捧げました。周さんは地元の経済発展や貧困脱却、民生改善、生態環境の整備などに努め、定年退職後も住民を率いて植樹造林を行い、国家クラスの自然保護区にまで整備しました。

  • 医学の最高峰で国民を救い続ける百歳の医師ーー辛育齢_fororder_辛育龄

    医学の最高峰で国民を救い続ける百歳の医師ーー辛育齢

    「七一勲章」の受勲者である医師の辛育齢さんは、戦時中に延安に渡ったカナダ人外科医のノーマン・ベチューン氏と共に医療救助活動を展開しました。50年間で1万5000人以上の胸部外科手術を行い、針麻酔のツボを見つけるために自らの体で麻酔実験を行ったこともあります。現在100歳の彼の人生は、様々なエピソードに満ちています。

  • 50年間住民に奉仕し続ける共産党員――林丹

    50年間住民に奉仕し続ける共産党員ーー林丹

    コミュニティで40年余り勤務している林丹さんは終始、「住民への奉仕」をモットーに、「住民の服務員」という姿勢で仕事に従事してきました。長年の努力の下、林さんが管理するコミュニティは「全国文明コミュニティ」など、合わせて約180の栄誉称号を獲得しました。このほか、林さんはコミュニティの仕事に携わる専門人材を養成し、福建省福州市の社会ガバナンスのために数多くの人材を育てています。